FANDOM


Destinyに登場するエウロパのコンセプトアート。

Destinyに登場するエウロパのコンセプトアート。

エウロパ (Europa、ユーロパ) とは、木星衛星であり、『Destiny』で登場することが確認されているロケーション。[1]

グリモアカードによると、黄金時代の文明の基盤を形成したと考えられる木星の衛星についての言及がある。この衛星のことがエウロパのことを指しているのか、またそこに存在したの人類の詳細については不明である。またグリモアカードでは古い記録では氷の中の都市と果てしなく広がる海が言及されているという。エウロパは太陽から非常に遠く離れた星であり、現実でも地球外生命体の可能性が期待されているため、この衛星が氷に覆われた世界であるこというは大いに考えられる。[2]

トリビア 編集

  • Europa の日本語での発音のひとつとしては「エウロパ」が有名だが、この発音はスペイン語読みである。英語読みでは「ユーロパ」となる。
  • Europa はスペイン語では「ヨーロッパ」や「西の果て」を意味する。
  • エウロパは現実世界では、太陽系の中でもっとも地球外生命体の可能性が期待されている存在だが、まだ生命の可能性は確認されていない。それゆえに、火星金星人類が生活していた時代があったという『Destiny』でもこのエウロパに人類の痕跡があるという設定が考えられる。

ソース 編集

  1.  (2013) 『Prepare to visit one of Jupiter's moons in Destiny』。 Destiny-The-Game.com。 29 July 2013に閲覧。
  2. グリモアカード木星」より。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki