FANDOM


ファイル:Control on First Light - E3 2014 Official Bungie Screenshot.jpg

Destiny』におけるゲームプレイ (Gameplay) は、その基本的なジャンルとそのテーマに関する要素を中心に展開する: サイエンス・ファンタジーという設定でパーシステント・ワールド (いつまでも続く世界) とMMO (massively multiplayer online game, 大規模多人数同時参加型オンラインゲーム) の要素を取り込んだ、オープンワールドで常時オンラインのファースト・パーソン・シューターというジャンルである。[1][2] しかし、Bungie は『Destiny』のことを「MMO」のゲームと見なすことをきっぱりと拒んでいる。[3] かわりに、Bungie と Activision は、伝統的なMMOに典型的なものを削り落とした「シェアード・ワールド・シューター」(世界を共有するシューティングゲーム) [3]として、『Destiny』ゲームプレイスタイルを説明している。例として、多くの伝統として確立されたMMOにあるケースとして、プレイヤーがゲーム中または固有のサーバにいるすべての他のプレイヤーに会ったり交流することができるというよりはむしろ、『Destiny』ではプレイヤーがゲームで「マッチ」した、あるいは自発的にプレイした他のプレイヤーのみ出会ったり交流できる、オンザフライによるマッチメイキングが可能になる。[2][3]

多少の違いはあるが、大抵は『Destiny』のゲームプレイは、DayZ, Dust 514, Borderlands のようなFPSとルート (戦利品) にフォーカスしたMMOスタイル要素のあるその他のRPGと比較できる。[3][4]

ユーザー・インタフェース/ユーザー・エクスペリエンス 編集

Destiny First Look Alpha ビルドのゲーム内のスクリーンショット

Destiny First Look Alpha ビルドのゲーム内のスクリーンショット。

『Destiny』の基本ゲームプレイはある点ではビデオゲームの慣習からかけ離れている。まず、ゲームを起動するときに表示される伝統的な「メインメニュー」がない。代わりに、(自分のキャラクターを作成後の) プレイヤーはゲームを起動するとすぐに直接ゲームの中に入っていき[3][2]、そこから直接オービットのジャンプシップを眺めたり、目的地とゲームモードを選択したりできる[5] ゲームの中に入ると、プレイヤーのインベントリ、設定、フレンドリストのようなその他のメニューは、項目の選択に使用する (アナログスティックで操作できる) オンスクリーンのポインタがあるより伝統的なものになる。[5]

他に類を見ないほど、『Destiny』は、プレイ中にお互いにプレイヤーどうしが目に見えないところでマッチングする、オンザフライによるマッチメイキングを実現している。[3][2] この理由に加えて、他のパーシステント・ワールド要素があるため、『Destiny』は常時インターネット接続を必要とする。「オフライン」モードは存在しない。[6] しかし、(PlayStation Network や Xbox Live でのオンラインマルイプレイヤーによるプレイを継続するための通常料金が必要とはされるが)『Deestiny』はゲームをプレイするのに定期的な受信料の支払いを必要とはしない。[7] インタビューでは、ActivisionのCEO、Eric Hirshberg は「その噂はすべて聞いている。私にここでこのバンドエイドをはぎ取らせてほしい。我々には『Destiny』で受信料を請求するプランはまったくない。」と述べている。[7]

プレイヤーの作成 編集

Awoken Character Creation

キャラクター作成画面で女性のアウォークンを作成している様子。

ガーディアンは『Destiny』のプレイヤーであり、主人公となるキャラクターである。[3][2]. 新しいキャラクターを作成するとき、プレイヤーは3つのプレイヤーの種族 (人間アウォークンエクソ) からひとつを選ぶ。そして3つのプレイヤークラス (ハンタータイタンウォーロック) からひとつを選ぶ。[8][9][10] プレイヤーは性別、顔、ヘアスタイル、唇、肌、眼の色など、自分のキャラクターの外見をカスタマイズできる。[10]

どの種族もすべてのクラスを選択できるが、種族と性別は単に表面的な選択に過ぎず、キャラクターの外見にのみ影響し、ゲームプレイには影響しない。[8][9] 代わりに、プレイヤーはサブクラスアビリティウェポンの専門化、アーマー、などによる自身の専門化と発展は、プレイヤーのクラスの選択に依存する。[8][9]

外見、スキル、アーマー、ウェポン、その他のアイテムのカスタマイズの選択は、広範囲におよび、ゲームにおいて重要なフォーカスである。[8][9] 一方で、プレイヤーはひとつのアカウントで2人以上のキャラクターを持つことができる。[8][9]

タワーとその他のロケーションへのトラベル 編集

Guardian Sitting at the Tower

タワーでくつろいでいるガーディアン

シティに位置するタワーは、中心となる「ホームベース」(本拠地) であり、プレイヤーの出発点である。[8][9] タワーはプレイヤーが社交的な付き合いやパーティ編成、戦闘の準備をすることができる非戦闘ゾーンである。[8][9]

タワーを去るとき、プレイヤーは「戦利品を運搬するある種の移動住宅」として動作する自分のジャンプシップを使用する。[3] ジャンプシップを使用するプレイヤーは、ミッションの完了と探検のために、地球と太陽系の至るところにあるロケーションにトラベルできる。[3][2] スペーストラベル中はカットシーンが表示され、プレイヤーは自分のジャンプシップをマニュアルで操縦することはできない。[11] Bungie の説明としては、ジャンプシップは「地球から、そして金星火星へと到達するストーリーのビークル」として機能する。」と述べている。[11] ジャンプシップは所有者がアップグレードしたりカスタマイズできる。ジャンプシップは、アップグレードとカスタマイズが他のプレイヤーから称賛を得ることができる公共の場で「あなたの到着を歓迎」する。[12]

参考文献 編集

  1.  (April 16, 2010) 『Bungie-Activision Software Publishing and Development Agreement』。 L.A. Times。 July 26, 2013に閲覧。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 McWhertor, Michael。 (17 Feb. 2013) 『Bungie's Brave New Worlds』。 Polygon.com。 31 May 2014に閲覧。
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 3.6 3.7 3.8 Amini, Tina。 (17 Feb. 2013) 『Everything I Know About Bungie’s Next First-Person Shooter, Destiny』。 Kotaku。 31 May 2014に閲覧。
  4. Hernandez, Patricia。 (29 Apr. 2014) 『I Played 45 Minutes of Destiny, And It Was Kinda Boring』。 Kotaku。 31 May 2014に閲覧。
  5. 5.0 5.1 Foman123 (20 June 2014) YouTubeDestiny Alpha - Getting Your Loot in the Mail 0:23。  3 July 2014に閲覧。
  6. Yin-Poole, Wesley。 (17 Feb. 2013) 『Destiny requires an internet connection to work』。 Eurogamer.net。 31 May 2014に閲覧。
  7. 7.0 7.1 Peterson, Steve。 (17 Feb. 2013) 『Bungie's Destiny: "Absolutely no plans to charge a subscription fee"』。 GamesIndustry.biz。 31 May 2014に閲覧。
  8. 8.0 8.1 8.2 8.3 8.4 8.5 8.6 Miller, Matt。 (January 2014 Print Edition) 『A Player's Journey: Destiny』。 Game Informer。 31 May 2014に閲覧。
  9. 9.0 9.1 9.2 9.3 9.4 9.5 9.6 Vore, Bryan。 (2013-12-27) 『The Character Progression of Destiny』。 Game Informer。 31 May 2014に閲覧。
  10. 10.0 10.1 Foman123 (20 June 2014) YouTubeDestiny Alpha - Awoken Character Creation 0:01。  2 July 2014に閲覧。
  11. 11.0 11.1 Yin-Poole, Wesley。 (1 Nov. 2013) 『Let's talk about Destiny』。 Eurogamer.net。 31 May 2014に閲覧。
  12. Karmali, Luke。 (31 Oct. 2013) 『Destiny Devs Talk Space Travel, PC, And Microtransactions』。 IGN。 31 May 2014に閲覧。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki