FANDOM


コンジット F3
コンジット F3
Conduit F3
オーバービュー
タイプフュージョンライフル
スロット特殊ウェポン
製造者フューチャーウォー・カルト
技術仕様
攻撃力不明
射程距離不明
入手
[ソース]   [トーク]
フューチャーウォー・カルトファクションの路線への最新の補強だ…」
Tom Doyle, 『Destiny』のアートリード[1]

コンジット F3 (Conduit F3) とは、フューチャーウォー・カルト (FWC) が製造した『Destiny』に登場するバーストファイア (3点バースト) の フュージョンライフル[1][2][3] 他のフュージョンライフルとは違い、このウェポンは敵種族から鹵獲したテクノロジーをリバースエンジニアリングして開発された。[1]

デザインとインスピレーション 編集

Destiny』のキャノンでは、フュージョンライフルはガーディアンにとってかつてない新興のテクノロジーである。[1] 早期のフュージョンライフルは本質的に不安定でであり、不完全な放射線シールドの問題があった。[1] Bungie のアートリード Tom Doyle は、コンジット F3の銃身の配置は「慣性の薬室に電力供給に必要とされる電力消費量を軽減する」ことでその問題を解決していると述べている。[1] 続けてドイルは コンジット F3 の「過度の貫通力のあるバーストファイアは一度に多数の標的を抹殺するのに適している」と述べた。[1]

判読しにくい文字または記号が銃床の前面付近に記述されている。その文字・記号の本質と起源は不明。

Conduit F3 は3秒間のチャージで5発撃てる。フルチャージでは至近距離でワンショットキルになる。フルチャージされた武器の射撃で使用者が時間をかけて射撃しているかどうかを知るということも重要である。

イメージ 編集

ソース 編集

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 Dague, David。 (2013-10-10) 『Destiny Drawing Board: Conduit F3』。 Bungie.net。 10 Oct. 2013に閲覧。
  2. Electronic Entertainment Expo 2013 Activision Booth: Bungie's Destiny Closed Demo. Seen 12 June 2013.
  3. DattoDoesDestiny (2013) YouTubeDestiny Guns! Exclusive Gun Images From E3! 00:12。  10 Oct. 2013に閲覧。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki