FANDOM


サム・ジョーンズ

サム・ジョーンズ (Sam Jones) とは、長年のBungieの従業員。『Destiny』のロケーションとして火星のリード・エンバイロメント・アーティスト。[1][2][3] 彼はレア社を去り、2006年に Bungie に、Halo 3で活動するエンバイロメント・アーティストとして入社した。そしてそれ以来からその後の Bungie のゲームのすべてのシリーズの環境芸術作りの手伝いを続けている。[1]

インタビューでは、ジョーンズは、自分の責務は、 (他のアーティストが自分たちの仕事を完遂し職業をまっとうできるよう補助することによる) 管理[4] と、プロダクション・アーティストと、デザイン、コンセプト、オーディオなどのような他の部門を徹底的に統合させることを要求するポジション、「エンバイロメント・オーバーロード」(環境の大権力者、environment overlord) としての役を務めることだと述べている。[3] 彼はプロダクションアートでの自分のアート・プロダクションの負担に注意しながら念入りに創りあげた。それはまず「massing out」スペース (最初期に可能であったレベルの3D描画) と「architecting」(設計。エンジンでミッションをより機能的にしプレイと視覚をよくすること) を行い、そして最後に 'finishing' (仕上げ。研磨とバグ) するという負担であった。[4]

ジョーンズは自分のキャリアと Bungie のゲームの環境芸術について数回インタビューを受けている。[2][4][5] 彼は「私の仕事の両者ともお互いに同じくらい楽しい」殿部、彼は「いまでもそれに刻々愛着がある」と述べている。[4]

参考文献 編集

  1. 1.0 1.1  『Sam Jones on LinkedIn』。 LinkedIn.com。 7 Oct. 2013に閲覧。
  2. 2.0 2.1 Dague, David。 (2013-10-4) 『Bungie Weekly Update, Oct. 4, 2013』。 Bungie Inc.。 7 Oct. 2013に閲覧。
  3. 3.0 3.1 (2013-10-25) Bungie.netThe Bungie Podcast, October 25, 2013 11:00-13:00。  5 Nov. 2013に閲覧。
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 Osborne, Eric。 (2009-05-21) 『Broken In - Sam Jones』。 Bungie Inc.。 7 Oct. 2013に閲覧。
  5. (2010-12-2) Bungie.net ArchivesBungie Podcast - Noble Map Pack Edition  7 Oct. 2013に閲覧。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki