FANDOM


ジェイソン・ジョーンズ

ジェイソン・ジョーンズ (Jason Jones) とは、Bungie の共同設立者のひとり (もうひとりは2004年にBungie を離れた Alex Seropian) であり、ビデオゲーム開発産業では伝説的人物である。[1][2] 彼は Bungie で明確なビジョンを持った指導者であり、Halo (ヘイロー) シリーズなど、これまでにもっとも人気のあるビデオゲームクリエイターのひとりである。[1]

ジョーンズは『Destiny』のプロジェクトディレクターである。[1][2]

ジョーンズは公然ではまれに姿を現し、メディアの間では彼は隠遁生活を好むと評判である。[1] それにもかかわらず、彼はフレンドリーで人に好かれやすいと言われ、インタビューをするときはいつもすすんでゲーム開発についての話をして受け入れる。[1][2]

ジョーンズはTIME誌に2005年でもっとも影響力のある100人に掲載された。 [3] そしえもっとも偉大なビデオゲームデベロッパーの一覧に頻繁に指名されている。[4][5][6]

外部リンク 編集

参考文献 編集

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 McCaffrey, Ryan。 (2013-07-07) 『Bungie Co-Founder, Halo and Destiny Creator Jason Jones Breaks 11-Year Silence』。 IGN.com。 4 Apr. 2014に閲覧。
  2. 2.0 2.1 2.2 Miller, Matt。 (2013-12-11) 『Jason Jones - The Destiny Interview』。 GameInformer.com。 4 Apr. 2014に閲覧。
  3. Grossman, Lev。 (2005-04-18) 『The Halo Trinity - The 2005 TIME 100』。 TIME Magazine。 4 Apr. 2014に閲覧。
  4. , Edge Staff。 (2006-03-18) 『The Hot 100 Game Developers of 2006』。 Edge Online。 4 Apr. 2014に閲覧。
  5. , Edge Staff。 (2007-03-01) 『The Hot 100 Game Developers of 2007』。 Edge Online。 4 Apr. 2014に閲覧。
  6. Cook, Dave。 (2010-07-07) 『The Greatest Game Developers Ever (Part Two)』。 NowGamer.com。 4 Apr. 2014に閲覧。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki