FANDOM


ストーリーのエンブレム。

ストーリーのエンブレム。

ストーリー (Story) とは、『Destiny』及び『Destiny 2』のゲームモードのひとつ。その名の通り、ある種のシナリオモードのようなものである。

Destinyのストーリー 編集

何世代も前 (現代よりすぐ後の時代)、人類のテクノロジーと探検の黄金時代に火をつけた「トラベラー」として唯一知られる壮大な建築物が出現した。[1] 最初にトラベラーは自分の知識とテクノロジーを人類と共有し、その周囲に都市が作られた火星に定住した。[2] トラベラーの支援とその謎のテクノロジーにより、人類の寿命は3倍に伸び、惑星や衛星にテラフォームできるようになり、人類の文明は地球をを超え太陽系の至るところに展開した。[1][2]

黄金時代は何世紀も続いたが、人類の文明は大崩壊として知られる異常な規模の激変の犠牲になった。[2] トラベラーの太古の敵、暗黒と呼ばれる悪の存在が文明に対して破壊による軍事的な会戦をした。その徹底的な破壊による荒廃で極わずかの者がなんとか生き残った。[2] 人類は敵に包囲され自分たちの故郷、地球に撤退せざるを得なくなり、最後の抵抗をした。トラベラーは人類の生き残りを救うために自分を犠牲にした。[1][2] いまトラベラーは沈黙して眠り、生き残った者はその真下に太陽系の文明最後の砦、シティを建立した。[1][2] トラベラーシティ放った強力な防御オーラがシティを覆っている。[1][2]

謎のエイリアンの種族がシティの防御の弱点を探っているために、シティは年中攻撃の的になっている。[1][2] あなたはシティの本拠地を訪問しているガーディアンとして知られる戦士の軍隊の中の一人だ。我々から奪われたものを奪還する側に立つ一人だ。[1][2] ガーディアンはトラベラーのエネルギーを利用し、強力な攻撃、防御的な反撃、機動力強化をもたらす強力なアビリティを創造している。[1][2] ガーディアンは人類滅亡の謎を暴き、人類が奪われたものを奪還しようとしている。[1] その功績は人類に、かつての人類の文明の一部だったが今はデッドリーな地球外の種族に占領され暗黒の再来に脅かされている旧世界の再発見し奪還に導く。[1][2]

ガーディアンは文明とシティに避難している者を粉砕しようとするダークフォースの間に立ち塞がっている。[1][2] 敗戦の廃墟から再建し、かつての偉大な人類の文明の炎のような光輝に火を付け、その暗黒を貫いて輝く光になることがガーディアンの任務だ。[1][2] そしてガーディアンにそれができなければ、人類の破滅を意味することになるだろう。[1][2]

Destinyのストーリー2 編集

追記お願いします。

ストーリーミッション 編集

ストーリーミッションの一覧は、ストーリーミッションを参照。

参考文献 編集

  1. 1.00 1.01 1.02 1.03 1.04 1.05 1.06 1.07 1.08 1.09 1.10 1.11 1.12 (17 Feb. 2013) YouTube.comReveal Trailer - Official Destiny ViDoc: Pathways Out of Darkness  30 Dec. 2013に閲覧。
  2. 2.00 2.01 2.02 2.03 2.04 2.05 2.06 2.07 2.08 2.09 2.10 2.11 2.12 2.13 Miller, Matt。 (11 Dec. 2013) 『Jason Jones - The Destiny Interview』。 Game Informer。 30 Dec. 2013に閲覧。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。