FANDOM


スナイパーライフル (Sniper rifle) とは、『Destiny』に登場する特殊ウェポンの分類のひとつ。スナイパーライフルは他のFPSに登場するスナイパーライフルと同様に射程が非常に長く、遠距離から敵にほとんど気づかれずにスコープを通して狙撃ができる。また、第二次世界大戦に見られた一部の旧式のスナイパーライフルとは異なり、射撃モードはセミオートマチックである。

スナイパーライフルの実際の挙動 編集

『Destiny』のスナイパーライフルは、狙いをつけるとスコープが現れ、遠くにいる敵を狙撃することができる。敵に気づかれずにヘッドショットで暗殺するのに適しているが、『Destiny』で手に入るほとんどのスナイパーライフルは射撃すると非常に大きな音が出るため、1発撃つとすぐに敵に気づかれやすい。一発のダメージは大きいが、スナイパーライフルと似たような性質を持つスカウトライフルよりも連射性能が悪くマガジンサイズも小さい傾向にある。狙いをつけずに腰溜め (Hip fire) で撃つこともできるが、近接攻撃ができる程度の距離でなければ腰溜めで敵に弾を命中させることは難しい。近接攻撃で出会い頭に撃って命中すればかなりのダメージを敵に与えることもできる。

クルーシブルにおける敵対プレイヤーのスナイパーライフル 編集

クルーシブルでは、敵対プレイヤーがスナイパーライフルで狙いをつけると、ライフルのスコープが瞬間的に赤く光り、どこから狙撃しようとしているかがわかる。赤い光を見たときはそこから狙撃される恐れがある要注意である。

逆に自分がスナイパーライフルを使用しているときは、スコープが赤く光ることにより敵対プレイヤーに自分の居場所を知られやすいので注意が必要である。一度居場所を敵に知られたと思われるときは、いつまでも同じ場所に留まらないことが勝利のコツとなる。

またクルーシブルで、曙光バスティオンのようなビークル等を使った戦闘が楽しめるコンバインアームズではスナイパーライフルはパイクインターセプタータレットに乗った敵対プレイヤーを射殺するのにも適している。できればロケットランチャーで対応したいが、クルーシブルでは希少なヘビーウェポン弾がないときは、スナイパーライフルによる狙撃が有効である。 逆に自分がパイク、インターセプター、とくにタレットに乗っているときは、スナイパーライフルの赤い光には常に警戒する必要がある。


編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。