FANDOM


火星 メリディアンベイ バスティオン
バスティオン
オーバービュー
ロケーション火星メリディアンベイ
地形広大な赤い砂地の地形
可視性明るい
サイズ非常に広大
詳細
固定タレット2門
ビークルパイクインターセプター
[ソース]   [トーク]
バスティオン (Bastion) とは、火星メリディアンベイにあるクルーシブルマップ。[1]

バスティオン (Bastion) という名の通り、稜堡となっている基地である。 非常に広大であり、パイクを拾って広大な地形を移動したり射撃ができる。

特徴 編集

両者のスタート地点は、エリアA側とエリアC側とに別れる。高所にある方がエリアA、低地にある方がエリアCとなる。 それぞれのスタート地点には1台のパイクが用意されている。また各エリアの近くにはヘビーウェポン弾が現れる。

ギャラリー 編集

トリビア 編集

  • バスティオン (Bastion) とは稜堡や防御陣地という意味であるが、史実えは大砲が普及するにつれて、それまでの石造りによる高い城壁は廃れ、大砲による攻撃に強い土で固められた低い城壁が普及し、それが Bastion (稜堡) と呼ばれていた。星形要塞とも呼ぶ。また十字砲火 (クロスファイア) もし易い構造になっている。イタリアで発生した防御技術であり、近世のヨーロッパではこの防御陣地を真似て作られていった。日本でも、厳密にはバスティオンや星形要塞には該当しない五稜郭という形が持ち込まれたが、建築した頃にはすでに旧式化した防御技術であった。
  • この「バスティオン」というクルーシブルマップでは、稜堡のような十字砲火もしやすそうな強そうな構造が建物には見られるが、ここではクルーシブルにおけるPvPは、建物を破壊する砲撃ができないことと、敵も味方も簡単に建物内に侵入できるため、稜堡特有の防御的な特性の恩恵をプレイヤーが受けることはほとんどないだろう。

参考文献 編集

  1. community.activision.com "Destiny Gamescom Press Kit"。 17 August 2014に閲覧。
Destiny アノマリーアサイラムバスティオンブラインドウォッチ燃える神殿エクソダスブルーファイアベースデルフィ
曙光朽ち果てた土地時の海岸トワイライトギャップ
地下の暗黒パンテオンスカイショックコルドロン

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki