FANDOM


10 1 Guardians 2 shot

に集まるファイアチーム。

ファイアチーム (Fireteam) とは、ソロのときよりも簡単に敵と戦いタスクを完了できるようにすることを目的として結成された2~6人のプレイヤーからなる小規模な一団。ファイアチームはソロプレイヤーよりもより危険な敵の討伐や危険な任務をこなすことができる。そして結果として戦利品や経験値のような報酬もさらによい物になる。

ファイアチームは複数の異なるクラスを持つプレイヤーで構成することも、すべて同じクラスを持つプレイヤーで構成することもできる。

Bungie は『Destiny』で、戦闘において「あなたにとってもっとも素晴らしい武器」になるものとして、ファイアチームの重要性を全面に出している。[1] 強力な敵を倒すために一緒に活動することが推奨されているが、チームメイトと無関係なことをしたいプレイヤーがチームでいつでも実践的なメンバーでもいられるように、ファイアチームにいるときは義務的なものである必要はない。例えば、スナイパーは遠方からチームメイトを見守ることができる。

ファイアチームの組み方 編集

ファイアチームを組むには、既に誰かが形成しているファイアチームに入るか、自分でファイアチームを作って、仲間を誘うかする必要がある。とにかく積極的にファイアチームを組むことが、このゲームをより楽しくするコツである。

ファイアチームを組んだり解散したり、誰かのファイアチームに入ったり離脱するときに、他のユーザーに挨拶文を送る必要があるかどうかは、人によりけりであり、必ずしもそうする必要性はない。すべて自分で判断することである。レイド週間ナイトフォールストライクのような難易度が非常に高く、クリアに非常に時間がかかる可能性があるミッションでは、何らかのコミュニケーションを取るとお互いに気持よくゲームを楽しめる場合もあるかもしれない。ボイスチャットを使っている場合は、しゃべるだけで済むので、挨拶文を送る手間を省けるかもしれない。

ファイアチームを組む相手が、日本語が通じない外国人の場合もありうる。日本語がわかるかどうかは、そのプレイヤーのプロフィールを表示すればおおよその確認ができる。


他のガーディアンのファイアチームに入る 編集

誰かのファイアチームに入るのは、『Destiny』をプレイしている他のプレイヤーが「プライバシー設定」を「公開」にしていれば、OPTIONSボタンを押して「リスト」の「フレンド」または「ゲーム」の項目に表示される他のプレイヤーのファイアチームに、満席でなければ積極的にチームに参加することができる。

もし他のプレイヤーが「プライバシー設定」を「フレンド限定」にしている場合は、そのプレイヤーが、PlayStation 3/PlayStation 4のPSNで自分のフレンドである場合に限り、チームが満席でなければそのファイアチームに積極的に入ることができる。

「リスト」に表示さえされていれば、そのフレンドまたはプレイヤーがすでに何らかのミッションをプレイ中であっても途中参加することができる。そのため、参加した瞬間にミッションが終了していきなり報酬を貰ってしまうケースもありうる。


あるプレイヤーが自分とフレンドであっても、「招待限定」か「非公開」にしている場合は、そのファイアチームにこちらから入ることはできない。「招待限定」の場合は、そのフレンドから招待しない限りファイアチームに入ることはできない。「非公開」の場合は、そのプレイヤーとは一切ファイアチームを組むことはできない。

他のプレイヤーをファイアチームに招待する 編集

誰かを自分のファイアチームに招待するには、OPTIONSボタンを押して、リストにある「フレンド」または「ゲーム」の項目から招待したいプレイヤーを選び、「ファイアチームに招待」を選択する。このとき「ゲーム」にリストされているプレイヤーが「フレンド限定」の場合は、招待することはできない。また自分のファイアチームが満席のときは招待できない。他のプレイヤーがすでにどこかのファイアチームに入っている場合でも招待することはできる。

他のプレイヤーからファイアチームへの誘いを受けるようにする 編集

デフォルトでは、他のプレイヤーからファイアチームへの誘いを受けたり、誰かが自分のファイアチームに入ることができない設定になっているため、ゲームを円滑に進めるためにも、この設定は欠かさずにしておきたい。

この設定をするには次のようにする。

  1. OPTIONSボタンを押してから L1 ボタンを押して「リスト」を開く
  2. 左側の「ファイアチーム」の項目の上部の右にあるアイコンを押す
  3. すると「プライバシー設定」という項目が表示されるので、「フレンド限定」か「公開」を選択する

これで、「フレンド限定」にすれば、フレンドが自分をファイアチームに招待することができ、またフレンドが自分のファイアチームに積極的に入ることができる。

ここで「公開」にすれば、フレンド以外のプレイヤーも自分をファイアチームに招待したり、自分のファイアチームに積極的に参加することができる。


各ゲームモードにおけるファイアチーム 編集

ストライククルーシブルでは、自動的にマッチングが始まるためにファイアチームを組む必要はないが、お互いをよく知っている仲間や、ボイスチャットを使う予定がある場合が、ファイアチームを組むと優位に立つことができる。とくにコンバインアームズでふぁファイアチームを組むことによる連携プレイがチームを勝利に導きやすい。

レイドストーリーミッション日刊英雄ストーリー、ストライクのうち、週間英雄ストライク週間ナイトフォールストライクの場合は、自分から積極的にファイアチームを組むか、ファイアチームをフレンド限定か完全に公開しているガーディアンのファイアチームに自分から積極的に飛び込んで参加しなければ、一人でプレイすることになる。


ギャラリー 編集

編集

  1. Dague, David。 (2014-04-11) 『Bungie Weekly Update - 04/11/2014』。 Bungie.net。 15 April. 2014に閲覧。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki