FANDOM


10 1 Guardians 2 shot

左からウォーロックハンタータイタン

プレイに使用する種族の選択に加えて、『Destiny』のプレイヤーはいくつかのプレイヤークラス (Player Class) の中からひとつを選択できる。[1][2][3] 『Destiny』の各プレイヤークラスには、はっきりとことなる外見、衣装、スキルセットがあるが、プレイヤークラスは、どれかのクラスが明らかに全体的に突出するようなことなくバランスよく設計されている。[4] プレイヤーは種族に関係なく任意のクラスを選べるが、各クラスはそのクラスで用意された専用のアーマーサブクラスアビリティのみ使用できる。[5][6] 武器にはクラスによる制限はない。各クラスは任意の武器を使用できる。[6]


3つのクラスが『Destiny』には存在する。詳細は下記のリンクを参照:

ハンター

  • ハンター (Hunter) - 「ハンターはかつてはさらに大きな報酬のために大きな危険を犯して荒野を徘徊していた。あなたは無法者ではない──少なくとも今後は──しかし自分の運を良くするということは常に規則を曲げることを意味している。」[7]

ハンターのサブクラス。サブクラスの説明は「サブクラス」参照。

タイタン

  • タイタン (Titan) - 「あなたは力と犠牲で鍛えあげられた、長きに渡る英雄の家系出身である。我々の敵は執念深く無慈悲であるがあなたもそうだ。」[8]

タイタンのサブクラス。サブクラスの説明は「サブクラス」参照。

ウォーロック

  • ウォーロック (Warlock) - 「トラベラーの神秘的なエネルギーに精通しているウォーロックはトラベラーのことを長きに渡って研究してきた。トラベラーの真の意味はいまだに大きな謎であるが、真相を発見するということは常にあなたを未知に追い込んできた。」[9]

ウォーロックのサブクラス。サブクラスの説明は「サブクラス」参照。

関連項目 編集

参考文献 編集

  1. Reveal Trailer
  2. Amini, Tina。 (2013-02-17) 『Everything I Know About Bungie's Next First-Person Shooter, Destiny』。 Kotaku.com。 July 26, 2013に閲覧。
  3. Venables, Michael。 (2013-02-17) 『Bungie's Destiny Unveiled』。 Forbes。 Aug. 28, 2013に閲覧。
  4. GDC 2013 Panel
  5. Miller, Matt。 (January 2014 Print Edition) 『A Player's Journey: Destiny』。 Game Informer。 31 Dec. 2013に閲覧。
  6. 6.0 6.1 Vore, Bryan。 (2013-12-27) 『The Character Progression of Destiny』。 Game Informer。 31 Dec. 2013に閲覧。
  7.  (2013) 『Explore Destiny - Hunter』。 Bungie Inc.。 14 Oct. 2013に閲覧。
  8.  (2013) 『Explore Destiny - Titan』。 Bungie Inc.。 14 Oct. 2013に閲覧。
  9.  (2013) 『Explore Destiny - Warlock』。 Bungie Inc.。 14 Oct. 2013に閲覧。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki