FANDOM


ギターをバイオリンのように持つポール・マッカートニー

ポール・マッカートニー

ポール・マッカートニー (Sir James Paul McCartney) とは、アクションFPSゲーム『Destiny』のスコアとテーマソングを担当しているイギリスのシンガーソングライター。歌手、ミュージシャン、マルチプレイヤー、作曲家でもある。イエスタデイを作曲したことや、有名なロックバンドザ・ビートルズのメンバーであったことでももっともよく知られている。。ナイトの称号を授与しており、ロックの殿堂入りを果たしている。

人物 編集

マーティ・オドネル (左) とともに活動しているポール・マッカートニー (右)

マーティ・オドネル (左) とともに活動しているポール・マッカートニー (右)

ギネス世界記録によると、マッカートニーは60のゴールドディスクと1億枚以上のアルバムとシングルの売上を成し遂げた歴史上でもっとも成功した作曲家でありレコーディング・アーティストである。[1] ポール・マッカートニーがビートルズのメンバーだったときに書き上げられレコーディングされた曲「イエスタデイ」は、歴史上でもっとも多くカバーされた曲である。[2]


Destinyのサウンドトラックの作曲活動 編集

ポール・マッカートニー

ポール・マッカートニー

2012年7月、マッカートニーと Bungie はマッカートニーがマーティ・オドネルマイク・サルバトーリ とともに『Destiny』のサウンドトラックとスコアを書く活動をすると発表した。[3][4]

その後、ニューヨーク・タイムズ誌によると、ポールは過去4年間にわたって作曲家のマイク・サルバトーリとマーティ・オドネルとともに『Destiny』のスコアを作曲したという。また、『Destiny』のテーマソングも手がけているという。このレコーディングはアビー・ロード・スタジオにて120人編成のオーケストラと共に行われている。同曲のオーケストラの指揮はジョージ・マーティンの息子ジャイルズ・マーティン、プロデュースはマーク“スパイク”ステントが担当。この曲のシングル発売も計画されているという。[5]

ビデオ 編集

Paul McCartney - Hope For The Future

Paul McCartney - Hope For The Future

Paul McCartney - Hope For The Future

関連項目 編集

参考文献 編集

外部リンク 編集