FANDOM


Destiny Music Composers

マーティ・オドネル (中央)。ポール・マッカートニー (左)、マイク・サルバトーリ (右) とともに。

マーティ・オドネル (Martin O'Donnell) とは、長い間 Bungie オーディオディレクターであった人物であり、ビデオゲームミュージックとサウンドの分野で伝説的な人物。[1][2] 実際の名前はマーティンだが、「マーティ」(Marty)、"Marty the Elder,"、"The Maestro" (指揮者) の名で通っている) 。オドネルは彼の長年のレコーディング・パートナー マイク・サルバトーリとともに、世界的に有名なアーティスト ポール・マッカートニーも分担した、『Destiny』の中心的な作曲家であった。[3]

オドネルはBungie のオフィシャルウェブサイト、パネル、インタビュー、ソーシャルメディアなどの公の場によく姿を表すファンの人気者であった。[3][4][5] Bungie の名高い「白髪交じりの古代人」(Grizzled Ancients) のひとり、オドネルも MythOniHalo のゲーム音楽の作曲をしている (『Halo 4』と『Halo Wars』 を除く)。[1][2]

2014年4月16日、オドネルは Twitter 上で2014年4月11日に「理由なく終わった」発言し、Bugnie を退社したと公表した。[6] Bungie は2者間の関係は「友人として」終わったと述べた。[7] Bungie のCOOピート・パーソンズは、オドネルの曲は『Destiny』にとどまり、彼の (離脱からの) 出発は残りの開発に悪影響を及ぼさないとはっきりと述べた。[8]

外部リンク 編集

参考文献 編集

  1. 1.0 1.1  『Meet the Team: Marty O'Donnell』。 Bungie Inc.。 15 Nov. 2013に閲覧。
  2. 2.0 2.1  『Marty O'Donnell on LinkedIn』。 LinkedIn.com。 15 Nov. 2013に閲覧。
  3. 3.0 3.1 Valjalo, David。 (2013-08-1) 『Paul McCartney’s videogame Destiny – Bungie’s Martin O’Donnell on working with a music legend』。 Edge Magazine。 15 Nov. 2013に閲覧。
  4. Marty the Elder on Bungie.net
  5. @MartyTheElder on Twitter
  6. Twitter "Tweet"。 2014-04-16に閲覧。
  7.  『There are those who said this day would never come...』。 Bungie Inc。 2014-04-16に閲覧。
  8. , Pramath。 (17 April. 2014) 『Bungie Insists Destiny is on Track』。 GamingBolt.com。 18 April. 2014に閲覧。