FANDOM


グレイシャー・ホワイトモデルの『PlayStation4 Destiny Pack』外箱

予約注文した商品『PlayStation 4 Destiny Pack』がついに届きました。新宿のヨドバシカメラで購入しようと思ったところ予約終了で諦め、Amazonもソニーストアも予約終了で諦め、そこでkakaku.comで一覧に楽天ブックスがあったのでそこで予約注文したところ2日前の11月9日にいきなりキャンセルのメール連絡が入り慌ててDeNAのマッチングワールドで予約しなおしました。都内は大雨であり、配送が遅れる心配もありましたが、たったいまこのように到着しました。マッチングワールドでの購入は、5万円を超えやや割高でしたが、一方的な予約キャンセルもなく、確実に商品が届きました。

しかし大事なことに今気が付きました。HDMI端子に対応したディスプレイがない。40インチくらいの大型のテレビがあるので、ないわけではないけれども、使わせてくれないので自分のでPCのワイド液晶でやらなくては。その液晶ディスプレイがDVI端子なんです。ということで今からHDMIをDVIに変換するケーブルを買わなくては。

…追記 さて、HDMIをDVIに変換するケーブルを買いに新宿のヨドバシカメラとビックカメラに行って参りました。 するとです。予約修了とされていたDestiny同梱版のグレイシャー・ホワイトのPS4がまだ売られているではありませんか。 5万円以上お金を出してまで予約する必要がなかったようです。予約分と店頭で当日販売分とは分けていたようです。 事前に確認すればよかったといまさら後悔しても遅いですが。しかもビックカメラでは16:00から『Destiny』をプレイ体験ができるイベントがやっていました。このイベントは、新宿以外にも、秋葉原と大阪で行われるというものでした。そこで『Destiny』を購入するとクリアファイルが貰えるというものでした。いざ行ってみると、とくに並んでいるわけでもなく、クリアファイルの山がありました。予約しなければ貰えたかもしれない特典です。 Destinyとは直接は関係ありませんでしたがPlayStationのロゴ入りのボールペンを貰って帰りました。

さて、HDMIをDVIに変換するケーブルをCPU切替器に接続し、PlayStationをセットアップしました。 なにせ、家庭用ゲーム機は、PlayStation 1 以来購入していないため、およそ15年ぶりくらいなのです。 PlayStation 2 や 3 のこともXboxのこともほとんど知りません。その間に、ゲーム機も随分と進化したものです。

HDMIケーブルをDVIに変換しても音声が無視され映像だけしか伝わらないため、しばらく音なしでPlayStation 4のソフトウェアのセットアップやアップデートなどをしていました。途中から、ゲームコントローラーにスピーカーかヘッドホンを接続した状態で音声の設定を変更すると、コントローラに接続した音声出力機器から音を出すことができるといまさらわかったり。そんな状況でPS4を使い始め、『Destiny』のBlu-Rayデイスクを投入してみました。トレーはどこにある?としばらく探していました。実は差し込むだけで良いとあとから気が付く。そしてDestinyをようやく起動することができました。

手始めにタイタンでキャラクターを作ってプレイしてみました。

いままでゲーム機のコントローラーでFPSはやったことがないため、かなり苦戦しました。FPSといえば、例えば、Call of Duty (コール・オブ・デューティ) シリーズなら、キーボードのW、S、A、Dキーで前進、後退、左横移動、右横移動し、マウスで視点切り替えし、マウス左ボタンで武器による射撃、マウス右ボタンで照準合わせ、マウスホイール (中ボタン) でグレネードを投げる、Qキーで近接攻撃、1や2キーで武器の切り替えなどという操作方法であり、このやり方に慣れきっていました。それでも、対戦プレイではかなり弱いですが。

そんな状況でコントローラでいざ同じようなことをすると、慣れるのがすごく大変でした。R3スティック視点切り替え、L2ボタンで照準合わせ、L1ボタンでグレネード、R1ボタンで近接攻撃、R2ボタンで射撃がデフォルトになっており、これを器用に使いこなすのが大変で敵に照準をあわせるのも時間がかかり苦労しました。それでも、過去のCall of Dutyシリーズとは違い、バリエーション豊かなアーマーを切り替えたり強化することで、下手ですぐに死んでしまう状況での倒されにくくなり、バラエティ豊かで強化が可能なウェポンによって、FPS下手でも手強い相手を簡単に倒せる可能性が出てきていると思います。命中精度を高めるスキルやウェポンアップグレードもありますからね。

さて、スクリーンショットを集めてみますか。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki