FANDOM


DESTINY』がついに発売。待ち望んでいたほとんどの人がプレイ開始している事でしょう。
そんな『DESTINY』の初日の売り上げが5億ドルを突破したという発表がありました。今作の開発費が5億ドルほどと話題になっていましたから、『DESTINY』は初日で開発費と同額を稼いだことになります。当然、売り上げはどんどん伸びるでしょうから、一体どれほどの人にプレイされるのかと興味がわきます。

さて、『DESTINY』はFPS初心者にも優しい作りになっていると言われています。どのように優しいかというと、ストーリーが進むごとに上がる難易度設定が絶妙でプレイしていたらいつの間にかFPSの操作に慣れてしまっているという作りになっているからだそうです。
さすがこの辺りはFPSの大手メーカー。間口を広く設けています。
では、実際にプレイした感想になりますが、筆者は最初のボスを倒しワープドライブを入手するところまで話を進めましたが、確かに徐々に敵の強さと攻撃のバリエーションが増えてくるというのが実感できます。
タイタンで始めた筆者は開始してすぐは銃を使わずに敵を殴りたおしていましたが、その後、敵が増えそれを断念。やみくもに銃撃をしていましたが中々あたらないので標準モードを使用し始め、やがて左右に移動するようになりました。
FPSに慣れ親しんでいる人には今更かもしれませんが、この左右移動は是非身に着けておきたいテクニックになります。

AVA "レレレ撃ち"00:29

AVA "レレレ撃ち"

通称:レレレ撃ちと言われるこのテクニックは名前を赤塚不二夫の漫画キャラクター「レレレのおじさん」からとっていて、どういうことかというと「レレレのおじさん」みたいに左右に動き続けるというテクニックです。
これにより、棒立ちして的になることなく敵と打ち合う事が出来ます。障害物に隠れたままでは敵を狙えませんし、かといって遮蔽がない場所に立ちすぎていると周囲の敵からの一斉射撃を受けてしまいます。そのため、左右移動をし障害物から出たり入ったりしながら敵と撃ち合うことが有効なのです。
筆者も慣れていないので左右移動の練習をしています。皆さんも左右移動しながら敵に標準を合わせられるようになり、『DESTLINY』の世界を楽しみましょう。

もうひとつ、ゲームにはゴーストというキューブ型のサポートマシンが付いています。
このゴーストのおかげで道に迷わないというのもうれしい機能です。行く場所が分からなくなったらゴーストを呼び出しナビモードにしてみましょう。灰色のポインターが画面上に出ますのでそれに向かって進めば目的地にたどり着きます。マップはとても広いのでミッションや合同イベントの際はこのポインターに頼ることになります。この辺りも始めるにあたって押さえておきたいところです。
では連休も控えていますし、皆さんよい『DESTINY』ライフを。共に楽しみましょう。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki