FANDOM


月面の加速器

加速器 (Accelerator) とは、プレイヤーが訪れることができる月面にあるロケーション[1]

加速器は、高架橋の上に建設されているためランドマークのように目立つ。

歴史 編集

月面基地のように、加速器は人類黄金時代から破棄された植民地である。[1] Bungie のリード・エンバイロメント・アーティストサム・ジョーンズによると、「かつては極めて重要で非常に活動的だった機械の青ざめた暗部」である。[1]

その名が示すように、加速器の焦点は大規模な「核融合コイル加速器」 (Fusion Coil Accelerator)である (コイルガンやレイルガンとしても知られる)。[1] もはや機能していないが、かつての核融合コイル加速器は高速で発射体を加速させる電磁コイルを使用していた。[1] 黄金時代に、加速器は太陽系のいたるところでコロニー形成活動のために乗客や貨物を配送した。[1] 今日、加速器はプレイヤーが月の地形をナビゲートできるランドマークとして役に立っている。[1]

デザインとインスピレーション 編集

加速器のコンセプト。

加速器はもともとは「月面に大きくビジュアルなアンカーポイントを必要としているデザイン/アート」を満足させるようにデザインされたものであった。そして「月の至る所から容易なナビゲーション・ポイント」として利用できる。[1] 加速器は同じ初期のコンセプトアートから生まれたロケーションや月面の設計要素を共有している。[1]

加速器の多数の隕石による「くぼみ」(pockmark) とその月塵の層は人類の月面への足掛かりへの自然によるゆっくりとした消滅を考慮したテーマでデザインされている。[1] そのデザインは "a sense of vibrancy and identity" (活力とアイデンティティ) と "humanize the location" (その地を人間らしく) するというボールドカラーと大きな文字も使われている。[1]

サム・ジョーンズ、 Tom Farnsworth, Chris Carney, Alex Pfeiffer, Daniel Grafstrom, Aaron Steelman, Matt Sammons を含む多数の Bungie のデザイナーとアーティストが加速器の制作で一役買った。[1]

トリビア 編集

  • 加速器の未来的な月の発射台のコンセプトは、レールガン大型ハドロン衝突型加速器のような現在の実在するテクノロジーの今後の潜在的な用途に基づいて、乗客や貨物を深宇宙への打ち上げるようにデザインされた。[1]
  • Destiny Public Beta ではこの場所でミッションがひとつ発生した。
  • 加速器とは、荷電粒子を加速させる装置であり、素粒子物理学や宇宙のなりたちの解明の研究などに使われている。非常に長い長距離を移動する必要があるために、研究設備のスペースを節約するために何度もほぼ同じ場所を通るようにドーナツ型の構造になっており、素粒子を高速で加速させ衝突の実験などを行うことができる。

参考文献 編集

  1. 1.00 1.01 1.02 1.03 1.04 1.05 1.06 1.07 1.08 1.09 1.10 1.11 1.12 Dague, David。 (2013-11-1) 『Bungie Weekly Update, November 1, 2013』。 Bungie Inc.。 4 Nov. 2013に閲覧。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki