FANDOM


曙光
曙光
First Light
オーバービュー
ロケーション既知の海
地形傾斜マップ、断崖絶壁の岩石が多い
可視性クリア
光加減明るい。やや中くらいの明るさの洞窟とトンネルあり
サイズ中の大 (medium-large)
プレイヤー数8-12人
詳細
ヘビーウェポン弾ドロップ2
固定タレット3
ビークルパイク
インターセプター
スパロー
ゲームタイプコントロールクラッシュ
[ソース]   [トーク]

曙光 (しょこう、First Light) とは、既知の海に位置するクルーシブルのマップ。[1] 曙光は傾斜のあるマップ (あるチームはかなり高い場所からスタートする) であり、中の大 (medium-large) くらいのサイズであり、あちこちに素早く移動して広いエリア支配ができるスパローを使った小型のビークルの戦闘がある。[1]

戦略 編集

多数のアクセスポイントから側面攻撃や背面攻撃ができるため、高所を陣取ることが必ずしもアドバンテージを得るとは限らない。マップ中央の大型の建造物を陣取ると、プレイヤーがマップ上の他のさらに多くのエリアにアクセスして、安全に迅速に戻ってくることができる。

マップ上に配置された2つの固定タレットは敵プレイヤーのビークルや集団を迅速に破壊する強力な火力があるが、遠距離からは命中率が悪く、やや防御の邪魔になる。スナイパーライフル持ちのプレイヤーをうまく配置するか背後からスニークアタックすれば、迅速にタレットによるストリークを終わらせることができる。


インターセプターはゆっくりと移動するが、マップ上の他のビークルやプレイヤーよりも射撃がうまい。タレットとヘビーウェポンによる攻撃や、ビークルが自分から見て反対方向を向いているときにドライバーを射撃してインターセプターに反撃すると良い。パイクは火力が弱いが、スピードは速い。そのため同じような方法で反撃されやすい。

トリビア 編集

月のところどころに見られる「曙光」のロゴ。

のところどころに見られる曙光月面基地 (First Light Lunar Installation) のロゴ。

月のところどころに見られる「中華航天」ロゴ

月面上のところどころに見られる「中華航天」ロゴ。

  • 「曙光」という名称は、では "First Light" との併記された形で建物のあちこちに見られる。これは日本語の「曙光」なのか中国語の曙光なのかは定かではない。ただ「中華航天」(AERONAUTICS OF CHINA) を簡体字で書いた単語が月面のコンテナに見られる。中国語では「曙光」は英語では「Dawn」、日本語では「夜明け」に相当し、ほぼ同じ意味である。また日本語の「曙光」を中国語に翻訳すると繁体字では「極光」になるが、英語に翻訳すると Dawning の他に Auroral (曙の、夜明けの) があり、First light の日本語は「明け方」や「夜明け」であり、日本語も英語も中国語もほぼ同じ意味である。また『Destiny』では暗黒に立ち向かうをテーマにしているので、英語に合わせるように意図的に日本語訳に「光」というキーワードを入れたとも考えられなくもない。

ビデオギャラリー 編集

参考文献 編集

  1. 1.0 1.1 Foman123 (19 June 2014) YouTubeDestiny Alpha - PvP Control - First Light, Moon  2 July 2014に閲覧。
Destiny アノマリーアサイラムバスティオンブラインドウォッチ燃える神殿エクソダスブルーファイアベースデルフィ
曙光朽ち果てた土地時の海岸トワイライトギャップ
地下の暗黒パンテオンスカイショックコルドロン

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki