FANDOM


ファイル:Jupiter by Cassini-Huygens.jpg

木星 (もくせい、Jupiter) とは、E3 2013Activisionのブースで『Destiny』のトレーラーに登場した惑星[1]

木星についての言及 編集

木星の衛星のひとつであるエウロパはプレイヤーが行くことができると考えられているロケーションである。木星自体にプレイヤーが行くことができるかどうかは確認されていない。2014年7月の時点では詳細情報は確認されていないが、実在する木星が個体ではないほとんどがヘリウムと水素からなるガス状の巨大惑星であるため、プレイヤーが直接木星に着陸できるかについては、まったくありそうにない可能性がある。しかし、グリモアカードでは、木星に関する言及がかすかに見られる。

グリモアカードによると、星々の長である巨大な木星とその月 (衛星) は黄金時代の文明の基盤を形成していたと考えられるという。しかし、そこに存在した人類の詳細は不明とされ、古い記録では、氷の中の都市と果てしなく広がる海が言及されているという。シティが木星やその先へのトラベルを試みることは滅多になかったという。[2]

またもうひとつのグリモアカード「ゴーストの破片: 木星」には、木星とその衛星と見られる天体についての言及が見られる。このカードでは、木星のことを「最大級の体の持ち主」として、太陽から遠く離れてた寒い軌道にいる存在として「温かく心地よい軌道に乗りたい」存在と呼んでいるかのような言及がある。また同様に木星のことと見られる「嵐と超音速の風によって引き裂かれた生まれかけの太陽」という言及も見られる。[3]

トリビア 編集

  •  ゲーム内の星図には見られないが、木星は『Destiny』のLimited Edition (限定版) と Ghost Edition (ゴーストエディション) の星図に現れている。
  • 現実の木星は、太陽系最大の惑星であり、その大きさと主成分が太陽によく似た水素とヘリウムからなるため。太陽になりかけた惑星と言われている。もう少し大きければ太陽になった可能性があった。グリモアカードの「ゴーストの破片: 木星」ではまさに太陽になりかけた惑星として木星のことを「生まれかけの太陽」と間接的に表現している。また木星の中に「凍った海の海底に何か新しい世界がある」かのような言及もしているが、実在する木星の主成分の大半は水素とヘリウムからなり、中心に氷や岩石などの成分があるのみである。[3]
  • またグリモアカードで「渦の中であらたな世界が目覚める」の渦とは、現実世界ではフランスの天文学者ジョバンニ・カッシーニが1665年に発見した木星の大赤斑のことを指していると見られる。[3]

外部リンク 編集

  • 木星 - ウィキペディアの記事。

ソース 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki