FANDOM


デスティニーのボックスアート
Destiny
開発元Bungie (バンジー)
発売元海外:
Activision (アクティビジョン)
国内:
SCEJA
ジャンルパーシステントワールド要素のある
オープンワールドFPS
プラットフォームPlayStation 3
PlayStation 4
Xbox 360 (海外のみ)
Xbox One (海外のみ)
エンジン自社開発によるカスタムビルド
ツールGrognok (レベルビルダー)[1]
Umbra 3.1 (パフォーマンス)[2]
ゲームモードストーリー
ストライク
パトロール
タワー
クルーシブル[3]
リリース2014年9月9日 (海外)[4]
2014年9月11日 (国内: PS3 / PS4 限定
レイティングCero c   ERSB Rating T   PEGI 16
[ソース]   [トーク]

Destiny (デスティニー) とは、海外では Bungie (バンジー) が開発し、海外では Activision (アクティビジョン) が発売元で、国内では Bungie と Activision が開発元でソニー・コンピュータエンタテインメント・ジャパン・アジアが発売元のオンラインFPS。公式では日本語版では『Destiny』のように英字で表記されるが、カタカナ表記は「ディスティニー」ではなく「デスティニー」となっている。『Destiny』は日本国内では PlayStation 3、[5] PlayStation 4[6] Xbox 360、[5]Xbox One[7] のゲーム機に対応して発売された。英語版は2014年9月9日にリリースされた[4]、日本語版は PlayStation 34 にて2014年9月11日にリリースされた。日本語版での価格は 7,900円 (税抜) / 8,532円 (税込)。Blu-Ray版でもダウンロード版でもどちらでも購入可能。

また日本語版 (PlayStation3/4限定) は2014年7月11日からDestinyの予約販売を開始した。Amazon, HMV, Joshin, ソニーストア、ソフマップ・ドットコム、TSUTAYAオンラインショッピング、Nojima Online, ハピネット・オンライン、ビックカメラ.com、フルイチオンライン、メディアワールド、ヤマダウェブコム、ヨドバシカメラ、楽天ブックスにて Destiny の予約購入が可能となっていた[8]


Destinyの意味と名前の由来 編集

Bungieエリック・オズボーン氏によると、『Destiny』という名前はもともとはコードネームだった。Bungieが今までに出してきたゲームは本当はコードネームだったものが結局タイトルに採用されるということが多いという。このコードネーム『Destiny』はBungieのクリエイティブディレクターが考えた。正式タイトルに採用されそうになったので一度はまったく関係のないコードネームに変更しようと「Tiger」というものも考えたが、結局『Destiny』に戻ったという。『Destiny』という意味は、深い意味で捉えればストーリーに合っているといえるという。自身のキャラクターを作り出し、自身の運命 (Destiny) を探し出していく。人類の運命を決めていくという意味など。本来の意味がなんなのかはクリエイティブディレクターに直接聞かなければわからないが、彼は絶対に教えてくれないのではないかという。[9]

PlayStation 4独占要素 編集

日本国内では日本語版はPlayStation 3 と PlayStation 4 版限定で発売されることが確定している『Destiny』には、さまざまな PlayStation 4 独占要素がある。PS4での限定CO-OPミッションや装備、宇宙船、マルチプレイマップの他に、『Destiny』を同梱した白い「グレイシャー・ホワイト」のPlayStation 4も発売されている。

「グレイシャー・ホワイト」のPlayStation 4に『Destiny』がバンドル 編集

WhitePS4

2014年9月11に『Destiny』をバンドルして発売された「グレイシャー・ホワイト」の PlayStation 4 本体。

2014年9月11日には、PlayStation 4初のカラーバリエーションである「グレイシャー・ホワイト」が『Destiny』とセットで『PlayStation 4 Destiny Pack』という製品名で発売さた。日本国内では9月11日に、北米では9月9日に発売された。[10]
PS4 DestinyPack

PlayStation 4 Destiny Pack

日本国内では、この「グレイシャー・ホワイト」に、PS4専用ソフトウェア『Destiny』とメンバーシップサービス PlayStation Plus の1ヶ月お試し利用権をセットにした豪華な数量限定商品「PlayStation 4 Destiny Pack」を希望小売価格44,980円+税にて本体単品に先がけ2014年9月11日(木)より発売された。さらに、これに合わせて、グレイシャー・ホワイト仕様の「DUALSHOCK 4」のゲームコントローラーと「PS4専用縦置きスタンド」も同日発売された。価格は順に5980円(+税),2280円(+税)。[11][12]

またこの「グレーシャー・ホワイト」モデルとセットで販売される『Destiny』でも序盤からゲームを有利に展開できる武器&防具や高性能エアバイクスパローを最初から入手できるプロダクトコードがついてくる。

なお、「グレーシャー・ホワイト」のPlayStation 4本体は、『Destiny』の同梱がない単体でも購入できるが、Destinyの発売日9月11日当日ではなく10月9日に発売された。

PlayStation 4で予約ゲームの事前ダウンロードに初めて標準対応 編集

さらに、2014年秋には、この『Destiny』から PlayStation 4 で初めて予約ゲームの事前ダウンロードに標準対応する。[13]これにより、予約したゲームが初めて配信されてから、ダウンロードに時間をかけることなくすぐにプレイすることができるようになる。従来までは、予約したゲームが発売日になって初めてダウンロードができるようになっており、発売日に通信トラフィックが増大してダウンロードにものすごく時間がかかりせっかく予約しても即座にプレイできないという問題があった。この問題が、秋に発売される『Destiny』 で初めて解消された。

国内PlatStation4限定βテスト 編集

2014年7月3日には、日本でも PlayStation4限定で『Destiny』のクローズドβテスト開始を発表した。参加者募集期間は7月3日~14日までであった。クローズドβテスト実施期間は2014年7月18日から行われた。[14]。このβテストは、最後の3日間限定で、PlayStation 3 のユーザーでもβテストに参加することができた。

Podophobia Entertainmentが登録している Destiny の商標

Podophobia Entertainmentが登録している Destiny の商標。

初回封入生産特典 編集

初回封入生産特典に同梱される武器と装備。この画像ではバンガードのロゴがついている

初回封入生産特典に同梱される武器と装備。この画像ではバンガードのロゴがついている。

『Destiny』の日本語版では、下記の初回封入生産特典がある。[15] これらの特典は、PlayStation 4本体の「グレーシャー・ホワイト」モデルと『Destiny』とをセットで販売している「PlayStation 4 Destiny Pack」にもついてくる。

メディアの形態として、Blue-ray Disc版とダウンロード版の2種類があるが、ダウンロード版であれば、PS3/PS4で他のゲームに切り替えたいときにディスクの入れ替えという手間を省くことができる。ディスク版では、2014年9月現在のところは、ディスク版を購入すると、ゲームを切り替えるにはディスク入れ替えが必要なことがわかっている。この仕様は今後改善される可能性もありうるが、ソニーからの公式による発表では2014年9月現在のところそのような仕様変更はない。また PlayStation 4 とセットで販売される「PlayStation 4 Destiny Pack」に付属してくる『Destiny』はディスク版のみである。ただし、ディスク版を購入してから、後からダウンロードを購入しなおしたとしても、同じPlayStationのアカウントであれば、そのままデータを移行することができるので、いますぐにでも「グレーシャーホワイト」のPlayStation 4 と『Destiny』が欲しい場合は、お金を費やすことを惜しまなければ、9月11日に発売された「PlayStation 4 Destiny Pack」を真っ先に購入しても問題はないものとなっていた。また PlayStation 3版を購入した場合でも同様に、PlayStation 4版を買い直しても、同じアカウントであれば同様にしてデータの移行が可能である。

Blu-ray Disc版 (PS4版) 編集

初回生産生産封入特典の一部として『Destiny』に同梱される高性能エアバイクの「スパロー」

初回生産生産封入特典の一部として『Destiny』に同梱される高性能エアバイクの「スパロー」

  1. 序盤の戦闘が有利になる武器&装備が手に入るプロダクトコード特典
  2. 広大な地形の移動に差がつく、加速力・トップスピード・耐久性が優れた、「スパロー」と呼ばれるエアバイクの高性能な機種が手に入るプロダクトコード特典
  3. PlayStation®Plus 「15日間無料体験」のプロダクトコード特典

Blu-ray Disc版 (PS3版) 編集

  1. 序盤の戦闘が有利になる武器&装備が手に入るプロダクトコード特典
  2. 広大な地形の移動に差がつく、加速力・トップスピード・耐久性が優れた、「スパロー」と呼ばれるエアバイクの高性能な機種が手に入るプロダクトコード特典

ダウンロード版 (PS4版) (※9/11~9/24までの早期購入でプレゼント) 編集

  1. 序盤の戦闘が有利になる武器&装備が手に入るプロダクトコード特典
  2. PlayStation®Plus 「15日間無料体験」のプロダクトコード特典

※また、ダウンロード版にはカスタマイズに使用できる「エンブレムゴーストのパーツ・飛行艇スキン」が永久特典として付属。

ダウンロード版 (PS3版) (※9/11~9/24までの早期購入でプレゼント) 編集

  1. 序盤の戦闘が有利になる武器&装備が手に入るプロダクトコード特典

※また、ダウンロード版にはカスタマイズに使用できる「エンブレムゴーストのパーツ・飛行艇スキン」が永久特典として付属。

PlayStation 時限独占コンテンツ 編集

Outrageous Fortune

PlayStation のプレイヤー限定で他のプラットフォームよりも時間的に早くで入手できるジャンプシップ至高の富

『Destiny』は日本語国内では PlayStation 3 と 4 でしか発売されていないが、海外では他のプラットフォームにも対応して発売されている。そしてPlayStation のプレイヤーは他のプラットフォームのプレイヤーよりも早く数種類の限定アイテムを入手できる。[16][17] PlayStation 限定コンテンツがどれくらいの期間優先されるかは明らかにされていないが、Skyrim (スカイリム) のDLCがXbox版のみ1ヶ月早く購入できたように、独占的に早期に入手できるコンテンツを用意している主要なゲームのヒット作では、一般的な優先期間はおよそ4週間か1ヶ月ほどである。[18]

Activision のプレスリリースでは、『Destiny』の2本の拡張パックの独占コンテンツ (『地下の暗黒』(The Dark Below) と "House of Wolves") は、PS3/PS4版を除いて、少なくとも2015年秋にリリースされる予定と述べている。[19]

下記は PlayStation のみ早めに入手やアクセスできるコンテンツである:[16]

上記の特典の日本語訳は、『週刊ファミ通』2014年9月11号の記事をもとにしている。[20]

特徴 編集

全てを超える。
オンラインゲームだが、月額課金制のゲームではなく、ゲーム本体を購入すればその後は課金する必要なくそのままプレイできる。クルーシブルの対戦やストライクで他のプレイヤーと一緒にプレイする場合は、有料の PlayStation Network に加入しておく必要がある。特徴としては、Halo (ヘイロー) シリーズのゲームを作った会社 Bungie が開発しているので、Halo の影響を強く受けている。『Destiny』に登場するひとつひとつのロケーションの大きさが『Halo: Reach』並のサイズになるという。ゲームは一人称視点だけでなく三人称視点も導入される。戦闘で射撃武器を使用しているのときのみ一人称視点になり、射撃武器で戦闘するとき以外、ビークルに乗っているとき、アークブレードを使用しているとき、タワーにいるときなどでは三人称視点に切り替わり、操作が楽になるう。『Destiny』に関わった人たちの人数は500人を超え、その人員規模は130人が関わったという『Halo: Reach』の約4倍にものぼるほどの超大作になる。[21]

またActivisionの最高経営責任者Eric Hirshberg氏は、『Destiny』に対して新規IPへの投資としてはゲーム史に残るほどの巨額投資になると述べている。「ポテンシャルは膨大だ。かなりの投資をしている。新規IPへの投資としてはゲーム史に残るだろう。ポテンシャルを信じていなければ、これほどの投資はしない。まず、本作のビジョンから始めよう。最初にBungieからそのビジョンを聞かされた時から、驚異的で野心的なアイデアだった。『Destiny』で一番素晴らしいのは、凄まじく親しみ易いと同時に、凄まじく革新的であるところだと考えている。最高のコンボだと思うよ。手に取ってすぐに楽しみたいと思わせる種類のメカニックがこの業界には存在する。結局のところ、本作はBungie製の1人称シューターだから、『Halo』が好きだったなら『Destiny』も間違いなく楽しめるはずだ。…あのデモンストレーションでは、敵AIと戦っているPvE体験の最中にも、友達や赤の他人がどんどん現れるという場面を紹介している。彼らと手を組めるんだ。それだけゲームが生き生きとしてくる。それだけゲームが生き生きとしてくる。一目でやってみたいと思わせる取っ付き易さと、新たな発見が豊富な目新しさのバランスが見事に両立していると思っているよ。」と述べた。[22]

『Destiny』で獲得できる PlayStation 版のトロフィーは40種類以上になっている。トロフィーの例として、「3秒以内に5キル」、「死亡したプレイヤーを5人蘇生させる」などが確認されている。[23]

また、2014年7月の時点ですでに予約販売が開始されている中、その予約データを元に海外アナリストが分析を進め、その結果『Destiny』の販売本数が1,000万本から1,500万本規模になり、2014年最大の売り上げを記録するゲームとなる可能性があることを伝えた。海外メディアVentureBeatを通して今回の分析結果を伝えたCowen Reserch社のアナリストDoug Creutz氏は、『Destiny』が1,000万本から1,500万本をセールスし、6億ドルから9億ドルの売り上げを挙げることになるだろうとコメントしている。2014年以内に目を向けると、2014年で最も売れたゲームタイトルになる可能性があるとも主張している。[24]

公開前 編集

2009年に登録されたとされているオリジナルの『Destiny』の商標。特徴的なトリコーンのロゴがついている

2009年に登録されたとされているオリジナルの『Destiny』の商標。特徴的なトリコーンのロゴがついている。

『Destiny』の商標は、Bungie が提携していると考えられる株式非公開の会社 Podophobia Entertainment (ポドフォビア・エンターテイメント。アメリカのワシントン州の企業の登録ドキュメントにはその所有者としてHarold Ryanマーティン・オドネルの名前を挙げているという) によって2009年7月に登録されたという。[25] この商標は以後 Bungie に割り当てられている。[26] 『Destiny』のロゴの商標の説明では「グローバル・コンピュータ・ネットワークからダウンロード可能なコンピュータ・ゲーム・ソフトウェア」(Computer game software; Computer game software downloadable from a global computer network; Video game software) のロゴと解説している。2011年3月と2013年4月に Bungie によって延長された。 [26]

Bungie 社内では、このプロジェクトのコードネームはもともと「Tiger」(タイガー) であったことが明らかにされた。[27] 数ヶ月間、Bungie はその新プロジェクトのタイトルについて沈黙を保っていたが、2013年2月10日に、Bungie のフロントページの新規投稿で『Destiny』という名称が確認されたという。[28][29]

2013年2月17日には、media blitz の記者会見で、Bungie と Activision (アクティビジョン) は、ビデオドキュメンタリーと Pathways Out of Darkness というタイトルの公開トレーラーを通じて正式に『Destiny』を公開した。

ヒット作とローンチの情報 編集

Bungie と Activision との間の契約によると、『Destiny』は少なくとも4つのMMOによるサイエンス・ファンタジーのアクション・シューター・タイトルのシリーズになるという。そしてそのシリーズの最初のゲームは海外では PlayStation 3、PlayStation 4、Xbox 360、Xbox One の家庭用ゲーム機で同時にローンチされた。[30] 2013年2月のソニーの PlayStation 4の公開イベントで、Bungie と Activision は『Destiny』はソニーのプラットフォームで「独占でプレイ可能なコンテンツ」を同梱してローンチされるともアナウンスした。[31] その他のプラットフォームでは『Destiny』はアナウンスされていなかったという。そして Bungie は、(将来のある時点でPCでのローンチする可能性を排除しなかったが) 他のプラットフォーム用のゲーム開発は非常にまばらに広げていくと述べたという。[32][33]

ローンチの日は 2013年の第3四半期と第4四半期と当初期待されていたが[30]、Activision の2013年のラインナップからは『Destiny』のタイトルは除外されていた。[34] 2013年2月18日、Activision はプレスリリースを通じて「Activision は2013年のローンチの見解を盛り込まない。そしてさまざまな結果の推測や予測はない。」と述べた。[34] それ以来、Bungie は2014年夏の公開ベータと『Destiny』が海外で2014年9月9日に発売されるということを正式に発表した。[4]

『Destiny』はMMO要素があるパーシステント・ワールド (persistent world。オープンワールドの一種で「いつまでも続く世界」を意味する) のゲームにもかかわらず、Bungie と Activision は定期的な課金料の請求はないだろうと述べたという。[35][36]

どちらにしても、ゲーム内でのマイクロトランザクション (アイテム課金などのような課金システム) については確認されていないが、Bungie はたとえマイクロトランザクションが存在しても、それは、(日本国内のソーシャルゲームのアイテム課金のように) プレイヤーがお金を支払うことでアドバンテージを得るという構想を練った「pay-for-power」(自分を強化するための課金) や「nichel and dime」(少しずつ出費させて苦しめる) ようなものにはならないと述べたという。[32]


Destiny のストーリーと世界 編集

その物語は我々の文明がそのシステムに及んでいたとき補っていたときの遠い昔の黄金時代について語っている。それは輝かしい希望に満ちた時代だった。しかしそれは続かなかった。

なにかが我々を襲った。我々を襲い、我々を撲滅しようとした。それが何であるかを正確に理解している者は誰もいないが、我々は知っている。我々のうち残りわずかの者が生き残り、彼らの命があるのもトラベラーのおかげであるということを。

言い伝えによれば、トラベラーは我々を救うために自身を捧げた。その謎の球体は今でもひっそりと地球すれすれの位置に浮いている。

黄金時代の破綻に続いた年月は耐え難いものだったが、我々は徐々に団結しトラベラーの下にシティを建設した。そして今、我々はもとの荒野へと冒険に出始めてたばかりのところで、我々は唯一の存在ではないことに気づいている。未知の破壊的なクリーチャーが我々の旧世界を占領した。そしてそのクリーチャーどもがシティに急迫している。弱点を探し、我々を永久に絶滅させようとしている。


あなたの物語はこの偉大なる冒険と危機の瞬間を起点として始まる。あなたはシティのガーディアンだ。ガーディアンはトラベラーのとてつもない力を巧みに扱う兵士だ。もしあなたが都市を救う方法──我々が失ったすべてを取り戻す方法──を見つけたならば、あなたはレジェンドになる (BECOME LEGEND) だろう。もしあなたが失敗すれば、文明の最期のは消えて終わるだろう。[37]

さらに詳しい情報は、『Destiny』のストーリーを参照。

スタイルとジャンル 編集

最大の月の海「嵐の大洋」
  • Bungie と Activision は『Destiny』のことを、FPSRPGMMOなどのようなその他のジャンルに直接に当てはまらない「シェアード・ワールド・シューター」(Shared world shooter) と述べているという。「シェアード・ワールド・シューター」とはゲームがソロまたは小集団でプレイできるゲームであり、プレイヤーが前に進むのに必ずしも他のプレイヤーを頼りにする必要なないことを意味するという。[35][38]
  • 『Destiny』は、光や天候の現実的な変化を盛り込んだパーシステント (いつまでも続く) でダイナミックなオンライン・ワールドを特徴とするという。[34][35][38]
  • 『Destiny』のストーリーはひと続きの書物 (作品) と章のように展開する。[35]
  • 『Destiny』にはいくつものゲームモードがある。例えば バウンティは、伝統的なMMOの「レイド」(raid) のように機能し、このモードをクリアすると、武器、防具、アイテムなどの報酬を得ることができる。プレイヤーが自発的に参加する必要があるが、対戦マルチプレイヤーも同様にクルーシブルとして登場している。[37]
  • Destiny の音楽マイク・サルバトーリポール・マッカートニーの協力を得てマーティ・オドネルが作曲する。[39]
  • Bungie は、『Destiny』のことを、素晴らしいビデオゲームの創造にとって絶対必要な下記の7つの「理念」を基礎に置いたものだと述べている。[35][38]:
    • いたくなる世界。
    • 連続する楽しい体験。たくさんの楽しい流行。
    • 欲しくなる報酬。プレイヤーが大切にする報酬・褒美・褒賞。
    • 毎日新たな体験を。
    • 他プレイヤーとの共有。
    • スキルを問わずに楽しめる
    • 多忙なプレイヤーも安心。

上記の7つの理念の日本語訳は、『週刊ファミ通』2014年9月18・25日合併号の記事をもとにしている。[40]

地球の表面に浮かぶトラベラー。

地球の表面に浮かぶトラベラー

ゲームプレイ・メカニクス 編集

ゲームプレイのメカニクスについては主要記事ゲームプレイを参照。

ガーディアンの画像

キャラクターの構成 編集

詳細は下記の記事を参照:

ロケーション 編集

『Destiny』の主な舞台は、トラベラーの力によって黄金時代を築き上げ、人類が進出していった未来の太陽系である。その太陽系が暗黒に侵略され、人類はまた地球に押し戻され、人類最後の砦シティに留まっている。 詳細は下記の記事を参照。

パイクに乗ったタイタンのガーディアン。

パイクに乗ったタイタンのガーディアン。

『Destiny』ではBungieとGoogleが共同開発したDestiny Planet Viewというウェブサイトが公開されている。このサイトでは、Google マップの機能を使ってGoogle ストリートビュー風に惑星や衛星の一部のロケーションを探索できる。

ビークル・ウェポン・アーマー 編集

詳細は下記の記事を参照:

実績とトロフィー 編集

『Destiny』の実績 (achievements) とトロフィー (Trophy) の一覧に関しては、下記の記事を参照:


トリビア 編集

『Destiny』を思わせぶるような『Halo 3: ODST』のスクリーンショット。

『Destiny』を思わせぶるような『Halo 3: ODST』のスクリーンショット。

  • 『Destiny』は、ゲームの公式アナウンスよりも3年以上前から Bungie のゲーム『Halo 3: ODST』で思わせぶりなメッセージが掲載されていた。[41] Bungie の元従業員 Vic DeLeon はスクリーンショットがネット上で明るみに出たとき "IT'S FINALLY BEEN FOUND!" (こんなところにあったのか!) と答えている。[42]
  • 『Destiny』は Bungie の独立出版ベンチャー Bungie Aerospace (バンジー・エアロスペース) とは無関係である。
  • Podophobia Entertainment も商標「Be Brave」を登録している。これが『Destiny』シリーズまたはまったく他のプロジェクトの次のゲーム名であるかどうかはまだ不明である。


ビデオ 編集

著名なプレイヤーによるDestinyのゲームプレイ動画 編集

日本語公式サイトでは「βテスト User's Voice」にて著名なプレイヤーによるゲームプレイ動画が公開されている。

詳しくは下記の記事を参照:


参考文献 編集

  1. Hicks, John。 (Apr. 17, 2011) 『Destiny: Bungie talks character load-outs, the Grognok engine and mapping the solar system』。 Official Xbox Magazine。 28 July 2013に閲覧。
  2.  (18 Mar. 2013) 『GDC’13:Umbra 3 Powering Up Destiny’s World Creation and Rendering』。 Umbra Software, Inc.。 29 July 2013に閲覧。
  3. destinythegame.com "Destiny Game Modes"。 15 Jun. 2014に閲覧。
  4. 4.0 4.1 4.2 Bungie.net "Destiny Launch Date"。 07 Dec. 2013に閲覧。
  5. 5.0 5.1  (2013) 『Where to Buy Destiny』。 Activision, Inc.。 July 21, 2013に閲覧。
  6.  (2013) 『Destiny Announced for PlayStation 4』。 Bungie Inc.。 July 21, 2013に閲覧。
  7.  (2013) 『Destiny Announced for Xbox One』。 Bungie Inc.。 July 21, 2013に閲覧。
  8. 『Destiny』が予約受付中!
  9. 今話題の『Destiny』ってどんなゲーム?オープンワールドMMOとしての広大な要素に迫る開発者インタビュー
  10. PS4初のカラバリモデル「グレイシャー・ホワイト」,9月9日に北米で発売
  11. [http://www.jp.playstation.com/scej/title/destiny/news.html#news0718 新色「グレイシャー・ホワイト」のPS4™に『Destiny』を同梱した 「PlayStation®4 Destiny Pack」発売決定!]
  12. PS4初のカラバリ「グレイシャー・ホワイト」と「Destiny」をセットにした「PlayStation 4 Destiny Pack」が9月11日に発売。PS4版「Destiny」のCBTは本日スタート
  13. プレイステーション4、予約ゲームの事前ダウンロードに標準で対応へ。秋の『Destiny』から
  14. DestinyクローズドβテストをPS4で実施!
  15. 『Destiny』初回生産分封入特典 - Destiny日本語版公式サイト
  16. 16.0 16.1 Shuman, Shid。 (June 16, 2014) 『Destiny’s PlayStation-exclusive content detailed』。 PlayStation.Blog。 June 19, 2014に閲覧。
  17. Shaikh, Sehran。 (June 13, 2014) 『Destiny: Playstation Content Are Timed Exclusive, Will Arrive On Xbox One and Xbox 360, Bad Marketing Sony』。 Gamepur。 June 15, 2014に閲覧。
  18. Grill, Scott。 (7 July 2014) 『Destiny’ Playstation Beta Dates, Exclusive DLC Content Has Xbox Fans Threatening To Pull Support』。 Inquisitr。 8 July 2014に閲覧。
  19. Activision Press Release (7 July 2014) 『Activision and Bungie Open the Destiny Universe with Beta Beginning July 17』。 Activision Inc.。 8 July 2014に閲覧。
  20. , 週刊ファミ通編集部。 (2014年9月11日) 『続報『Destiny』p52-55 - 『週刊ファミ通』2014年9月11日号』。 KADOKAWA / エンターブレイン。 2014年9月8日に閲覧。
  21. ディスティニー : 1つ1つのロケーションが『Halo : Reach』サイズ。超大作なのは確定か
  22. Destiny:「ゲーム史に残る巨額投資」、「凄まじく親しみ易いと同時に凄まじく革新的」
  23. ディスティニー:PS向け公開βは7月17日開始、40種のトロフィーリストも公開
  24. 『Destiny』は「CoD」(コール・オブ・デューティ)や「BF」(バトルフィールド) を超え今年最も売れるタイトルになる、アナリストが予約データから分析
  25. Gaweda, Sebastian。 (20 May. 2011) 『Trademark Confirms Bungie's Next Title Is "Destiny"』。 Gamerant.com。 July 26, 2013に閲覧。
  26. 26.0 26.1  (July 20, 2009) 『[[http://www.trademarkia.com/destiny-77784606.html DESTINY by Bungie Inc. Trademark Information]』。 Trademarkia.com。 July 26, 2013に閲覧。
  27. (3 Aug. 2011) YouTube.comO Brave New World 53:45。  July 26, 2013に閲覧。
  28. Dague, David。 (February 10, 2013) 『Follow Your Destiny』。 [http://www.bungie.net Bungie.net。 July 26, 2013に閲覧。
  29. 今話題の『Destiny』ってどんなゲーム?オープンワールドMMOとしての広大な要素に迫る開発者インタビュー
  30. 30.0 30.1  (April 16, 2010) 『Bungie-Activision Software Publishing and Development Agreement』。 L.A. Times。 July 26, 2013に閲覧。
  31. Santos, Alexis。 (Feb. 20, 2013) 『Bungie's Destiny headed to the PlayStation 4 with exclusive content』。 Engadget.com。 Sep. 4, 2013に閲覧。
  32. 32.0 32.1 Karmali, Luke。 (31 Oct. 2013) 『Destiny Devs Talk Space Travel, PC, And Microtransactions』。 IGN.com。 15 Nov. 2013に閲覧。
  33. Makuch, Eddie。 (17 June 2013) 『Bungie says lack of Destiny on PC "painful" for gamers』。 Gamespot.com。 15 Nov. 2013に閲覧。
  34. 34.0 34.1 34.2  (Feb. 18, 2013) 『The Creators of Halo® and the Publisher of Call of Duty® Unveil DestinyTM』。 Activision。 July 26, 2013に閲覧。
  35. 35.0 35.1 35.2 35.3 35.4 Amini, Tina。 (Feb. 17, 2013) 『Everything I Know About Bungie's Next First-Person Shooter, Destiny』。 Kotaku.com。 July 26, 2013に閲覧。
  36. Peterson, Steve。 (Feb. 17, 2013) 『Bungie's Destiny: "Absolutely no plans to charge a subscription fee"』。 GamesIndustry.biz。 July 26, 2013に閲覧。
  37. 37.0 37.1 (Feb. 17, 2013) YouTube.comReveal Trailer - Official Destiny ViDoc: Pathways Out of Darkness  July 26, 2013に閲覧。
  38. 38.0 38.1 38.2 Makuch, Eddie。 (Feb. 17, 2013) 『Bungie's Destiny a "Shared-World Shooter"』。 Gamespot.com。 July 26, 2013に閲覧。
  39. McWhertor, Michael。 (Feb. 17, 2013) 『Bungie Composer Marty O'Donnell on the Music of Destiny, Collaborating with Paul McCartney』。 Polygon.com。 July 26, 2013に閲覧。
  40. , 週刊ファミ通編集部。 (2014年9月18・25日) 『『Destiny』が新時代のゲームたる7つの理念 - 『週刊ファミ通』2014年9月18・25日合併号』。 KADOKAWA / エンターブレイン。 2014年9月8日に閲覧。
  41. Bungie (2009) w:c:ja.halo:Halo 3: ODST Xbox 360, Bungie.
  42.  (29 Nov. 2012) 『@vicdeleon on Twitter』。 Twitter。 15 Nov. 2013に閲覧。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki