FANDOM


『Destiny』のアルファ版のロゴ。

『Destiny』のα版ロゴ。

Destiny First Look Alpha[1] (Destiny・ファーストルック・アルファ) とは、利用が限定公開された『Destiny』のアルファ版テスト (当初は2014年6月12日から15日にかけてαテストが行われたが、「危険な」新しい実験を導入するために1日延長された)。[2] アルファ版は PlayStation 4PlayStation 3 のプラットフォームでのみプレイ可能であった。E3 2014 の後に、このプラットフォームのゲーム機の所有者は GreatnessAwaits.com でアルファテストの登録が可能になっていた。[3]

アルファテストの登録締切日は6月11日であた、そのプログラムを許可されたユーザー用のコードは、ゲーム機のメッセージとPlayStation Network ID[1]に紐付けられたEメールを通じて翌日の12時正午 PST に配布された。[1] Bungie は登録したユーザー全員にアルファ版が公開されていると述べた。[4] すでの初期のアルファテストをプレイしていたプレイヤーは新しいEメールの招待を受ける必要がなかった。このアクセスは最新のアルファ・フェーズにまで持ち込まれた。[5]

オーバービュー 編集

アルファテストでは、プレイヤーは『Destiny』の3つのプレイヤークラスからキャラクター作成が可能であった。アルファ版では、プレイヤーはレベル3で始まり、XPを獲得してレベルアップし、新しいアビリティを獲得することができ、最終的にレベル8まで上げることができた。アルファ版プレイヤーは地球を通じて自分やオンラインの仲間と一緒にストーリーベースのミッションを始めることもできた。エリア探索とそのエリアのサイドクエストも可能であった。『Destiny』のマルチプレイ対戦クルーシブルもこの時点で可能になっていた。

アルファ版で作成したキャラクターのデータはその次のベータ版のDestiny Public Betaに継続して持ち込むことはできない。同様に正式リリース版でも持ち込むことができないことが公式声明でわかっている。[6]

トリビア 編集

Destinyのデータ量が6.7GBあったことを示すアルファ版のダウンロード画面

アルファ版のダウンロード場面では、アルファ版が6.7GBの容量があったことが示されている。

関連項目 編集

参考文献 編集

  1. 1.0 1.1 1.2 PlayStation.com "PlayStation Greatness Awaits Destiny Alpha Registration and Info"。 June 14, 2014に閲覧。
  2. @Bungie (June 16, 2014) 『Bungie: There's a rumor that the #Destiny ...』。 Twitter。 June 16, 2014に閲覧。
  3. PS4 GreatnessAwaits "Destiny Alpha FAQ"。 June 14, 2015に閲覧。
  4. @GuardiansofD (June 11, 2014) 『GuardiansofDestiny: Just confirmed with @DeeJ_BNG ...』。 Twitter。 June 14, 2014に閲覧。
  5. Haas, Peter。 (June 11, 2014) 『Destiny PS4 Alpha Test Launches Today, Everyone Will Get Invites』。 CinemaBlend.com。 June 14, 2014に閲覧。
  6. @Bungie (June 15, 2014) 『Bungie: Alpha Characters will not survive ...』。 Twitter。 June 20, 2014に閲覧。
  7. DeeJ (June 20, 2014) 『Bungie Weekly Update - 06/20/2014』。 Bungie.net。 June 21, 2014に閲覧。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki