FANDOM


『Destiny』BETAのロゴ。

Destiny』BETAのロゴ。

『Destiny』ベータのオフィシャルタイムライン。

『Destiny』ベータのオフィシャルタイムライン。

Destiny Public Beta とは、『Destiny』のベータ版。海外では、すべてのプラットフォームでプレイ可能であり、無料ですべてオープンなベータテストとして行われた。日本国内では、PlayStation 3、PlayStation 4限定という形もあり、クローズドβテストという形で基本的に抽選で行われた。PlayStation 4所有者でPlayStation Plus の加入者は、クローズドβテストへの参加ではないが、全員2014年7月18日からのベータテスト版をダウンロードしてプレイできた。PlayStation 3 版のベータテストも最後の3日間限定で実施された。

クローズドβテストに関する情報はDestiny クローズドβテスト オンラインサービス情報で確認することができた。

参加人数 編集

このベータテストの参加人数は全世界460万人にも達し、同時接続は最高人数85万人にも登った、そしてゲームプレイ総数8,800万回を上回るという大盛況であった。

ベータ版の制限 編集

ベータ版では、ガーディアンのレベルは8までしか上げることができない制限があった。そのため使用できるウェポンにも制限があった。購入したり拾っても使えない武器も出てきた。

ベータ版で作成したキャラクターのデータは、正式リリース版には引き継げないということが公式にアナウンスされた。

行くことができるロケーションは、主に地球火星金星であった。

アイアンバナーという公開イベントが期間限定で開催された。

特徴 編集

ベータ版では、画面右上に薄い文字で「β版」という表示がつく。英語版では「BETA」という表示があった。

ベータ版で特に強かった武器は信玄シリーズのひとつ、信玄Cであった。 PlayStation 3版 と PlayStation 4版とでは、セーブデータの引き継ぎが可能であることが判明した。ただし、PlayStation 3 のユーザーは PlayStation 3のプレイヤーとしか対戦できないというように、ゲーム機の違いによるパフォーマンスの違いがプレイヤーどうしの対戦で有利不利や不公平さを生み出してしまうため、ゲーム機ごとに対戦相手に制限がついている。


応募期間 編集

2014年7月18日から7月27日の期間でβテストが行われた。[1]

参考文献 編集

  1. 『Destiny』クローズドβテストを実施! - PS4 Destiny 日本語版公式サイト 2014年7月16日

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki