FANDOM


Destiny Selfie

Through a partnership with the アメリカ合衆国フロリダ州にある Deep Space Communication Station とのパートナーシップを通じて、Activisionは会社が所有している高振幅高周波の電波望遠鏡を用いて、「我々の太陽系の外」にファンのセルフィー (自分撮り) を送信した。

Destiny Selfie (デステニー・セルフィー) とは、『Destiny』のファンにセルフィー (自分撮り) をハッシュタグ #DestinySelfie を用いて、「深宇宙衛星が太陽系外に発信する」信号に変換するためのセルフィーにとともに Twitter アカウント @DestinyTheGame 宛てにツイートさせるために、『Destiny』の発売元 Activision が立ちあげたマーケティングキャンペーン。 信号はファンが destinyselfie.com 上でオンラインの状況を監視することができた。キャンペーンは公式にはヒップホップの象徴スヌープ・ドッグが撮ったセルフィーで始まった。[1] そしてE3 2014の間一週間続き、年に1度のトレードエキスポでゲームの刺激的な宣伝を引き起こすために利用された。プロのバスケットボール選手ジェームス・ハーデンブラッドリー・ビールもこのキャンペーンで自分のセルフィーをツイートした。[2][3]

ゲームの Twitter アカウントが処理して宇宙に送信できるセルフィーの送信締切日は2013年6月13日の太平洋標準時 (PST) の午後7時であった。メインのウェブサイト destinyselfie.com は宇宙へのセルフィー送信の進捗のトラッキングを中断したが、 「私たちのアナログ信号の劣化が極端にゆっくりであるという性質は、あなたのセルフィーが何千年も先まで生きていることを意味する」と約束した。

2014年9月現在の destinyselfie.com は白紙状態になっており何も表示されていない。

ギャラリー 編集

参考文献 編集

  1. @SnoopDogg (June 10, 2014) 『SnoopDogg: My #DestinySlefie goin where ...』。 Twitter。 June 28, 2014に閲覧。
  2. JHarden13 (June 10, 2014) 『JHarden: .@DestinyTheGame Houston we ...』。 Twitter。 June 28, 2014に閲覧。
  3. @RealDealBeal23 (June 10, 2014) 『RealDealBeal23: @DestinyTheGame This Selfie』。 Twitter。 June 28, 2014に閲覧。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki